読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出口のないお花畑に迷い込んで

あなたがそこにいてくれるから

失恋する役をやってほしいジャニーズ3選


どうしても自分がよく知っている子が浮かんでしまうので、今回もオールJr.で同じような界隈の子になりました~
「失恋」といっても振られる役ではなくて、切ない恋を失う、の「失恋」です。



<片思い編>

▼萩谷慧悟くん


可愛い可愛い萩ちゃんに切ない恋をさせるのはとても心苦しいけど()、SHARK~2nd Season~で見せて涙があまりにも綺麗だったので、きっと似合うんだろうなぁと。

5こくらい上の女性に恋をしている萩ちゃん。呼び方は○○さんがいいな。関係はベタに近所のお姉さんでも親戚のお姉さんでもいいし、家庭教師でも教育実習生でもいい(なんでもいい)。
相手は萩ちゃんのこと可愛い弟としか思ってなくて、萩ちゃんの気持ちにもまったく気づいていない上に、彼氏持ち。それでたまに弱いところ見せてくれたり、相談されたり、惚気られるわけです。
萩ちゃんも萩ちゃんで、自分の気持ちを伝えるつもりはなくて。幸せにそうに彼氏の話をしたり、ときには思い悩んだりする姿を見て、ひそかに心を痛めていて。
ある日、結婚が決まるんですよね。さすがに心から祝福はできなくて、目も合わせず「よかったね、おめでとう」って言葉だけでしかお祝いをできませんでした。それからずっとまともに顔も合わせられないまま、もやもやした気持ちを引きずっていて。

「萩ちゃん本当にこのままでいいの? 好きなんでしょ? その人のこと」って様子を察した友達に言われて。「当たって砕けろなんて言わないけど、ちゃんと区切りつけてこないと、前に進めないよ」
そのときは気持ちの整理もついていなくて、友達にも当たってしまうんですけど、それからいろいろ考えて、たくさん悩んで、当日はちゃんと目を見ておめでとうって伝えようって決心をします。

で、当日。お姉さんは萩ちゃんのことを本当に可愛がっていたので、式の前に控え室に呼んでくれて、先にウエディングドレス姿を見ることになるんですよね。それは萩ちゃんが今まで見てきたなかで、一番綺麗な姿で。涙をぐっと堪えて、
「すごく綺麗だよ。改めて、結婚おめでとう。幸せになってね」
椅子に座っているお姉さんの前にひざまづいて、じっと目を見つめて、優しい声で言う萩ちゃん。
控え室から出たあと、新郎さんに会って、「○○さんをよろしくお願いします!」って深々と頭を下げて。新郎さんはなんとなく気づいてるんだろうな。向き合って、しっかり萩ちゃんの目を見て、「絶対幸せにする」って約束してくれます。
フラワーシャワーのなかをとっても幸せそうに歩いてくるふたりを見て、誰にも気づかれないように、静かに涙をこぼして。でもすぐに拭って、大きな声で「おめでとう!」って笑うんです。

後日、渇を入れてくれた友達に「俺、ちゃんとおめでとうって言ってきたよ」って報告したら、「そっか、がんばったね。萩ちゃん今すげぇいい顔してるよ」って褒めてもらえてたらいいな。





<恋人編>

松村北斗くん


彼女のことを大好きすぎるあまり、束縛をしてしまうほっくん。それが段々エスカレートしていって、声を荒らげたり、物に当たったり、ついには手を上げるようになってしまって。そのたびに、「っごめん、ごめんな。でも俺にはお前しかいないんだよ……」「頼むから、俺の前からいなくならないで……」「ごめん。ごめんっ……」って、涙ぐんで、弱々しくこぼして。

ふたりとも、“上手くいっている”と必死に思い込もうとしているけど、いつもにこにこ微笑みあっていたふたりはもうどこにもいなくて。そんなふたりを見ていられなくなった友達が、ある日ほっくんにきつい口調でその思いをぶつけます。
「お前、いい加減にしろよ。気づいてねぇの? ○○ちゃんすげぇ痩せて、すっかり別人じゃん。最近、笑ってるところ見たことあるか? あんな風にさみしそうに作り笑顔浮かべるような子じゃなかっただろ? ぜんぶ、お前のせいなんじゃねぇの?」
「わかってるよ!!! そんなことくらい、お前に言われなくても!!! でも、どうしようもないんだよ!!!!!」
彼女が日に日に痩せていくことに、弱っていくことに、表情が薄れていくことに、ほんとうはずっと気づいていて。でもそれが自分のせいだと認めたくなくて、ずっと目を背けていました。
「もう、見てらんねぇんだよ、お前らのこと……」そう言われてハッとして。もう自分たちだけの問題じゃないことに、そこでようやく気がつきます。

ちゃんと、お別れしようって決意して。
「このままじゃ、俺ら、お互いだめになる。いつか、お前のこと、壊しちゃう。幸せにしてやれなくてごめん。笑顔を奪ってごめん」って涙でぐしゃぐしゃになりながら、途切れ途切れに言葉を繋げて。同じように顔を涙でぐしゃぐしゃにして、ずっと首を横に振り続ける彼女の頬を両手で包んで、「もう、解放してあげる」ってぐしゃぐしゃの顔で必死に笑顔を作って、別れを告げるほっくん。
ふたりともその場にすべてを流してしまうかのように、声を上げてわんわん泣いて。泣き疲れてそのまま眠ってしまいます。

翌朝、彼女が目を覚ますともうほっくんの姿はなくて。テーブルに手紙だけが残されているんです。
『たくさんたくさん傷つけて、たくさんたくさん泣かせてごめん。こんな俺を愛してくれてありがとう。こんなこと言えた立場じゃないけど、いつもどこかで笑っていてほしい。幸せでいてほしい。今まで本当にありがとう。愛してたよ』





<浮気編>

▼田中樹くん


じゅったんにずっとこういう役をやってほしくて、じゅったんありきで今回このお題にしました(笑)

ずっと好きだった女の子がいたんですよ。その子には彼氏がいて、じゅったんはその彼氏とも知り合いで。でもある日、彼氏とのことで悩んでいたその子と、ちょっとしたきっかけで関係を持ってしまいます。それから、所謂「浮気」の関係がはじまります。rouge的なね。
はじめは浮気でもその子を手に入れられたことが嬉しかったし、その子の心の支えになれてるって思っていたけれど、でもこれじゃ、その子のためにならないと思い、突き放すことを決断します……

「ねえ、もう終わりにしない?なんつーか、思ってたのと違ったっつーか。手に入れてみたらあんだけ好きだったのどっかいっちゃったっつーか。俺、飽きちゃったんだよね」
その子がなにを言っても、決して目を合わさずに、虚ろな目で冷たく言い捨てて。
「もう、いらない。いいから早く出てけよ。明日からもう見かけても声かけんな。全部なかったことにして」
で、その子が出ていったドアをじっと見つめて、静かに涙を流しながら、「大好きだったよ……」って力なく笑うの。

後日、心を許せる友達にだけ、ほんとうの気持ちを話してほしい。
「俺気づいちゃったんだよね。○○のこと好きだなぁって顔して笑ってるあいつが一番好きなんだって。あいつにあんな顔させられるの、○○だけだよ。俺には無理だった。だから、もう終わりにしなきゃって」

数年後、その共通の友達が酔っ払ってぽろっと口を滑らせたときにはじめて、その子は真実を知ることになるのです。





ねえ、楽しい!!! いろんな人にやってほしい役たくさんある~
ちなみにそれぞれ友情出演、安井くん、じゅったん、諸たんなイメージです。それにしてもいよいよドリ小だなまじで……

これからもじゅにあにもたくさんドラマのおしごときますよーに!